びわ湖大花火大会   2006.8.11

観覧/撮影場所: 無料観覧場所(琵琶湖文化館西なぎさ公園)

当初観覧予定はありませんでしたが、台風の影響により開催が延期されたこともあって、めでたく初観覧となりました。当日は出遅れてしまい会場に到着した時にはもう薄暗くなってしまったため、駐車場所からたまたま最初に辿り着いたところ=琵琶湖文化館の西隣にそのまま場所を決めてしまいました。延期の影響か人出は思ったより少なく、最前列は無理としても第3列あたりからはまだ空きがある状態でしたので、私共も前の方に座っての観覧・撮影としました。
左手メインの打上台船からは少し距離があるものの換算28mmの横位置で収まるほど良い位置、右の台船に対しては完全にかぶりつきとなります。いざ始まってみるとメインの台船に対して斜め過ぎだったようでここの特色である斜め打ちのワイド感が得られませんでした。
何より問題だったのは多量の発煙に無風という条件で、メイン台船方向は中盤以降撮影のみならず観覧にも支障が出るほど煙が滞留してしまいました。一方打ち上げ数の少ない右台船は比較的クリアに見られました。
打ち上げ内容は期待していたのとは違いましたが、観覧条件が良ければまた印象も変わるでしょうから、来年以降もっと好条件で見てみたいですね。

写真の方は不満足な結果となりました。
煙や位置取りの問題もありましたが、何より単純ミスを犯してしまったのが情けないです。感度設定をISO100とすべきところISO400で全数撮ってしまったのです。元々1段絞って撮っているので被害は最小限で済んだもの随所に白トビが発生してしまいました。掲載写真はRAW現像時にできる限り補正をしたものですが、完全に飛んでしまった部分はたとえRAWで撮っていても救えないので一部見苦しい部分があります。逆におかげで夜景が適正露出になったことは不幸中の幸いですけど。
(デジカメなんだから撮影時に液晶画面で画像を確認してれば気づきそうなもの。でもKissDNの液晶は出来が悪く画質確認の用を足さないということが念頭にあるため、普段から見る癖がついてないんです。)


カメラ Canon EOS Kiss Digital N
レンズ EF-S 17-55mm F2.8 IS USM, EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM
RAW現像ソフト SILKYPIX / トリミング適宜適用